大切なワンちゃんの関節やヘルニアでの悩みを解決するために、役立つ情報やアイテムをご提供致します!
動物看護師による無料健康相談
03-5428-8779 (平日:10:00〜18:00)
年中無休(土日祝日はお休みを頂いている場合もございます)
メニュー

コンドロイチン


コンドロイチンには、保水性や弾力性を高める働きがあります。

グルコサミンなど他の素材と配合されているサプリメントが多いですが、

一緒に取り入れることで関節疾患に対し相乗効果が期待できます。

 

グルコサミン同様、コンドロイチンも体内で生成されていますが、加齢とともに作られる量は減ってしまいます。

 

コンドロイチンは皮膚や粘膜など体の至る所で活躍していますが、関節に対しては軟骨が滑らかに動くために必要な成分となります。

軟骨とは、骨と骨の繋ぎ目、いわゆる関節部分に備わるうるおい成分の事。

この軟骨が正常であることが、関節を滑らかに動かすために欠かせない仕組みです。

しかし、加齢による擦り減りや、疾患による摩擦などで徐々に擦り減ってしまい、この軟骨の擦り減りがいずれ痛みのもととなるのです。

 

コンドロイチンはこの強力な保水性により、軟骨の水分を維持する役割があります。

また、その保水性が軟骨へ弾力を持たせることで滑らかに動かせるだけでなく壊されにくい丈夫な軟骨を作り出すもとともなっています。

 

グルコサミン同様、食材から十分な量を取り入れることは難しい為、サプリメントを飲むことでより効果的に摂取することが出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう