大切なワンちゃんの関節やヘルニアでの悩みを解決するために、役立つ情報やアイテムをご提供致します!
動物看護師による無料健康相談
03-5428-8779 (平日:10:00〜18:00)
年中無休(土日祝日はお休みを頂いている場合もございます)
メニュー

前十字靭帯断裂


 

膝の構造・役割について

膝の上には太ももの骨、大腿骨が、下には脛の骨、脛骨(けいこつ)があります。それぞれの骨の末端は軟骨で覆われていてその間にはクッションの役割をする半月板があります。
大腿骨と脛骨は5つの靭帯でつながっており、最も太いのは膝のお皿(膝蓋骨)を介して前方にある膝蓋靭帯で、膝の内外側に一つずつ安定させるために内側側副靭帯と外側側副靭帯があります。
さらに膝の中には前後の安定のために交差するように2つの靭帯があり、大腿骨の前方から脛骨の後方についている靭帯を後十字靭帯、大腿骨の後方から脛骨の前方についている靭帯を前十字靭帯といいます。

前十字靭帯とは?

前十字靭帯は膝関節の中にあって大腿骨と脛骨を結んでいて、脛骨が前方へずれる事を防ぐなど関節を安定に保つ役割をしています。
前十字靭帯は脛骨が内側にねじれないようにするための靭帯ですが、激しく膝をねじったり、膝を伸ばすような方向で非常に強い力がかかることによって損傷することがあります。
人間ですとスポーツ選手に多い症状で急激な方向転換を必要とするスポーツや着地した際に大きく曲がってしまった時に起こりやすいです。

最後に・・・

前十字靭帯断裂は外科的手術による治療が一般的となります。
バランスの良い食生活は骨を丈夫にし、適度な運動は骨・関節周りの筋肉の発達に役立ちます。
体重管理や過度な運動は控えるなど日頃からケアしてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう