大切なワンちゃんの関節やヘルニアでの悩みを解決するために、役立つ情報やアイテムをご提供致します!
動物看護師による無料健康相談
03-5428-8779 (平日:10:00〜18:00)
年中無休(土日祝日はお休みを頂いている場合もございます)
メニュー

骨折の予防


犬の骨折を予防する方法は「不慮の事故に合わせない」ことです。

まず、室外では必ずリードをつけましょう。

うちの子は大丈夫とノーリードで散歩する人もいるのではないでしょうか。

室外ではいつ何があるか分かりません。

伸びるリードも急な対処が難しい為できるだけ扱いやすいリードの方が良いとされています。

次に室内ですが、特に多い事故は高い所から飛び降りたときです。

ソファーから飛び降りないようにしつけをしたり、床に絨毯を敷くことも予防に繋がります。

また、抱っこしていた時に暴れて落としてしまう事も考えられます。

特に小さなお子さんがいるご家庭は大人が抱き方を教えたり注意して見るなどの対策は重要です。

犬の中でも足の細い小型犬や仔犬の割合が大半を占めています。

骨折で一番多い症例は「前肢橈尺骨の骨折」です。

橈骨と尺骨は手首から肘の間を構成している骨の一部で、

この骨は小型犬は厚さ数ミリしかない犬種もいます。

前肢の骨折をするリスクが高い理由の1つとして、高い所から飛び降りる時に犬は前足から着地する習性があることが挙げられます。

 

四肢を骨折すると患部の足を床に着けない子がほとんどで、歩行に異常が現れ、痛みもある為患部を触れられることを嫌がります。

温和な性格の子でも痛みが強いと突然攻撃性を見せることもありますので、抱き上げるときなど飼い主側にも注意が必要です。

 

骨折の原因は他の病気が起因して起こることもあります。

骨腫瘍やクル病、栄養障害、骨感染症などの病気によって骨がもろくなり、骨にひびが入ったり骨折してしまいます。

 

骨折の場合、治療までの時間が大幅に空いてしまうと治りづらくなることもあります。

予防として、できることは事前に対策をとること、そして愛犬の歩き方や様子で異変を感じたら早期に動物病院で診察を受けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう