トップページ犬の病気・症状別対応>犬がけいれんをおこす

こんなときどうする?犬の病気・症状別対応

病院をお探しの方はこちら
>> 動物看護師による無料健康相談はこちら

犬のアイコン犬がけいれんをおこす

●犬がけいれんをおこす
発作的なけいれんや四股をつっぱり、
口から泡をふいて倒れる時は、てんかんの疑いがある。

部分的なけいれん、足や顔をピクピクふるわせる時は、
ジステンパー、ビタミン欠乏症の疑いがある

全身的なけいれん、食欲不振、下痢、低体温、
などは低血糖症、子癇の疑いがある。

夏の炎天下や車内に放置していた事により
全身的なけいれんが起きた時は、日射病、
熱射病の疑いがある。

けいれんを起こしている時は、
中枢神経の異常、尿毒症、中毒、外傷の疑いがある。

無料健康相談はこちら

犬の健康大辞典サイト内検索キーワード

キーワード  例)犬 病気

ペットの写真館

 

犬の健康大辞典のお問い合わせはこちら

※病気などの診療に当たるようなご相談 はお受けしておりません。あしからずご了 承下さい。正しい医療は獣医師、専門家 によるご相談をお奨めします。

 

タヒボエキスの情報はこちら

 

フランス海岸松ポリフェノールの情報はこちら

奇跡の水素水

犬の健康大辞典トップページに戻る