トップページ犬の病気・症状別対応>犬の鳴き声・咳・呼吸が異常

こんなときどうする?犬の病気・症状別対応

病院をお探しの方はこちら
>> 動物看護師による無料健康相談はこちら

犬のアイコン犬の鳴き声・咳・呼吸が異常

●犬の鳴き声がおかしい
しゃがれた声で鳴く時は、咽喉頭炎、食道疾患、腫瘍の疑いがある。

動くと痛がる。激痛を訴える様な鳴きかたをしている時は、
骨折や脱臼、結石、外傷の
疑いがある。

●犬が咳をする
乾いた咳をする。
咳をした後に白色の泡状の物を吐く時は、慢性気管支炎、
ケンネルコーフ、気管虚脱の疑いがある。

湿った咳をする。発熱、食欲不振、鼻水、
目やにを伴う時はジステンパーの疑いがある。
喉の奥でガラガラしている時は、気管支炎、
急性肺炎、肺水腫、肺内出血の疑いがある。

●犬の呼吸がおかしい
苦しそうな呼吸をする。
横になるのを嫌がる。
チアノーゼを起こしているなどの時は、
横隔膜ヘルニア、気胸、急性扁桃炎、気道閉塞、
心不全、気管虚脱の疑いがある。

早い呼吸する。鼻の穴をピクピクさせる。
口を開いて呼吸をするなどは、気管虚脱、気管支炎、
肺水腫、肺内出血、気胸、腹水、フィラリア症、動脈管開存症の疑いがある。

運動により呼吸が激しく乱れ、呼吸がおかしい時は、
心不全、フィラリア症、肥満の疑いがある。

喉からガーガー・ヒューヒューと雑音が聞こえる時は、
喉頭炎、軟膏蓋異常、口蓋破裂の疑いがある。

無料健康相談はこちら

犬の健康大辞典サイト内検索キーワード

キーワード  例)犬 病気

ペットの写真館

 

犬の健康大辞典のお問い合わせはこちら

※病気などの診療に当たるようなご相談 はお受けしておりません。あしからずご了 承下さい。正しい医療は獣医師、専門家 によるご相談をお奨めします。

 

タヒボエキスの情報はこちら

 

フランス海岸松ポリフェノールの情報はこちら

奇跡の水素水

犬の健康大辞典トップページに戻る