03-5428-8779

電話で相談 メールで相談

トップページ犬の病気・症状別対応>犬が嘔吐する(はく)

こんなときどうする?犬の病気・症状別対応

病院をお探しの方はこちら
>> 動物看護師による無料健康相談はこちら

犬のアイコン犬が嘔吐する(はく)

●一日に何度も繰り返し吐き、食欲不振、下痢、血便を伴う時は、
胃内異物、胃腸疾患泌尿器系の疾患、腸閉塞、
レプトスピラ症、中毒、パルボウイルス感染症の疑いがある。

●食欲不振、腹部がふくらむ、陰部から膿が
出る時は子宮蓄膿症の疑いがある。

●食後しばらくして吐く事が在り、吐物が泡状、
黄色の液状、粘液、胃液、胆汁と半消化 
の食事、血液が混じるなどは、
胃腸炎、胃内異物、腸閉塞、レプトスピラ症の疑いがある。

●食後すぐに嘔吐をするのは、食道狭窄、
食道けいれん、右大動脈弓遺残症、巨大食道症の疑いがある。

●吐く動作をするが吐かない時は、胃捻転、
胃内異物、心臓病、フィラリア症の疑いがある。

無料健康相談はこちら

犬の健康大辞典のお問い合わせはこちら

※病気などの診療に当たるようなご相談 はお受けしておりません。あしからずご了 承下さい。正しい医療は獣医師、専門家 によるご相談をお奨めします。

 

タヒボエキスの情報はこちら

 

フランス海岸松ポリフェノールの情報はこちら

犬の健康大辞典トップページに戻る